2018年6月14日木曜日

杉並稲門会主催「仏像の観方・楽しみ方」講演会開催


6月10日(日)2時から杉並稲門会主催「仏像の観方・楽しみ方」講演会
が開かれた。「稲門会」とは早稲田大学の同窓会のことであり、杉並区
には7つのブロックで構成される支部組織があるそうだ。

あいにくの雨にもかかわらず、41名のご参加があった。ほぼ9割は
男性の皆さん。今までの講演会では大半が女性であり、慈悲深い
観音菩薩のような優しい眼差しを感じて話した。

今日は事情が違う。智慧の文殊菩薩のような透徹した視線や怒りの仏
不動明王の険しい視線を浴びての講演になるのではないかと、勝手な
想像を巡らした。

ご参加者には・・・
・法隆寺釈迦三尊像の原型再現プロジェックに携わった方
・ご実家が高野山塔頭寺院の方
・杉並郷土史会の新村会長
・今回の講演会を企画され、仏像に造詣の深い山口さん 始め 
講演会テーマに関連する分野で専門的知識をお持ちの方々が
眼前に並んでいる。

ところが、講演会開始早々、不安も一掃される。皆さん温かい眼差しで、
大変熱心に耳を傾けて頂いた。さすが、早稲田大学! 人格者揃い‼
熱心にお聴きになるご参加の皆さん

1.仏像は仏さま、文化財?(第一のテーマ)
 「仏像の観方・楽しみ方」で最初にお話しするのは仏像の接し方(①)。
 「仏さま」か「文化財」か、捉え方で接し方も異なってくる。
 しかし、その線引きは難しいし、むしろ分けられないようにも思える。
 
 度重なる戦乱や火災を逃れて、護られた仏像は仏さまとして大事に
 されたからに他ならない。地中に埋められ、戦禍を免れた仏像もある。
 有難いことに、1000年、1500年も祀られている仏さまも数多い。

 仏像を文化財と認識したのは、明治期のフェノロサや岡倉天心によって
 であり、100数十年の歴史しかない。廃仏毀釈の嵐が過ぎた後の事だ。

 文化財として問題になるのは保存と公開のバランス。文化財を観光資源
 として活用しようとする文化財保護法改定が検討されている。保護が疎か
 になりかねないと改定を危惧する声が上がっている。先人の功績が台無し
 にならないことを祈る。
①仏像の接し方

2.仏像は何のために造られたのか? (第二のテーマ)
 一般的な彫刻は、作者が伝えたいことを作者の感性で造形したものである。
 一方、仏像は経典や儀軌によって造形の決まりがある。仏の三十二相・
 八十種好(しゅごう)や不動十九観などがこれに当たる。造立発願者の
 意向や仏師による個人差はあるものの、大枠で決まっている。
 
 仏像は仏教思想・教義・メッセージを伝えるために造立されている。即ち、
 仏教の二大テーマ(二本柱)である「慈悲」と「智慧」(②、③)と言える。
②仏教の二大テーマ・慈悲    ③仏教の二大テーマ・智慧
 
 三尊像を例にして、解説を加えた。中尊の如来に対し、両脇侍が慈悲と智慧を
 分担している。阿弥陀如来では慈悲の観音、智慧の勢至(④)。釈迦如来では
 智慧の文殊に、慈悲の普賢(⑤)。
 
 不動明王が中尊の場合においても、慈悲の矜羯羅童子、智慧の制多迦童子と
 なっている。更には不動明王の持物においても、智慧の宝剣と慈悲の羂索とで
 それぞれを象徴している(⑥)。
 
 胎蔵界曼荼羅や金剛界曼荼羅についても同様なことが言える。時間の関係で
 講演会では割愛となった。
④三千院・阿弥陀三尊像     ⑤法隆寺上御堂・釈迦三尊像
 
⑥不動明王 二童子像 
 
3.仏像の観方・楽しみ方についてのまとめ
 2009年に東京博物館で「阿修羅展」が開催され、仏像好きが一気に増え、
 今日の仏像ブームとなった。その仕掛け人が興福寺貫主の多川俊映氏。
 その多川氏が最近の著書「仏像 みる・みられる(角川書店)」で苦言を
 呈している。
 
 私たちは、直ぐにこの仏像はいつ頃の作だろうか、誰の発願だろうか、材質
 は、仏師は、と仏像についての予備知識を得てから観ようとする。
 (文化財として見る限りおいては当然のことと考える。)
 
 多川氏は著書で次のように言及されている。
 『誤解を恐れずにいえば、基本データは邪魔でさえあり、むしろ何の予備
 知識をも持たずに、ただそのままに仏像の前に立てばよく、そして、ただ
 ただ仏像をみつめればよいと思うのです。
 
 そうしたところに、おのずから心の変化を促す契機があると思うのです。
 唐突ですが、そのことを空海の言葉を借りていえば、「虚往実帰(虚しく
 往きて実ちて帰る)」でしょうか』
 
 仏像に何を求めるかによって、観方・楽しみ方も変わって来る。最後に
 空海の言葉(⑦)をご紹介して、講演会を終えた。
⑦空海 般若心経秘鍵から

4.お礼
 今回の講演会開催に当り、山口博正さんと幹事の若狭茂さんには2月に
 お会いして以来、大変お世話になりました。厚くお礼申し上げます。

 講演会終了後は、杉並稲門会 会長の久保田さん、副会長の前坂さん
 とも、コーヒーを飲みながら楽しいひと時を過ごさせて頂きました。

 また、小生所属のNPO団体メンバー、関さんや青野さんも講演会最後
 まで、お付き合い頂きました。すべて仏縁と感謝!(合掌)


2018年6月12日火曜日

高井戸のお不動さん 吉祥院を参拝!


6月9日(土) 京王井の頭線高井戸駅改札口10時集合、吉祥院に向かう。
参加者は総勢15名。駅から徒歩6分に位置する。3月に訪れており、直近
二度目の参詣となる。予め、ご住職にお電話し、参拝予約をしておいた。

駅の階段を降り、環八通りを右手に進むと参道入口の鳥居のような門(①)
が見えて来る。門をくぐり、左右が住宅となる細い参道(②)を歩く。
参道奥を右手に折れると山門(③)が見え、その先に本堂(④)がある。

杉並区教育委員会による「吉祥院」についての解説は・・・
「当院は象頭山遍照寺と号する天台宗の寺で本尊は不動明王です。中興開山
 は上高井戸村の並木卓善で、明治16年に開創されました。

 並木卓善は不動信仰に厚く、明治8年には成田山新省講を結成し、成田不動尊
 の末寺的な寺院を創設しようと計りました。しかし、当時は寺院の新設は禁止
 されていたため、丁度廃寺となっていた谷中の吉祥院=江戸初期の開創で
 松平定信や輪王寺宮の崇信を受け、大寺席となったが、明治維新廃寺と伝える
 =を再興するという姿で開かれたのが、当院のはじまりです。」

廃寺の再興とは、吉祥院二世晃恭が谷中の天台宗象頭山遍照寺吉祥院住職と
なり、明治16年に移転させたということのようだ。

①環八沿いの吉祥寺参道入口  ②山門へ向かう住宅地の参道

③山門                 ④本堂

ご住職お住まいのインターホンを押し、来訪をお伝えすると、本堂が開扉
され、堂内へご案内頂いた。椅子への着席と写真撮影の許可を頂いた。
全員が坐って、ご住職のお話を拝聴した。(⑤)

吉祥院の正式名は「象頭山(ぞうずさん)遍照寺(へんじょうじ)吉祥院」。
歓喜天(象頭人身の神)がご本尊であったことにより、「象頭」との山号が
付いていた。また「遍照」とは大日如来のこと。現在は、不動明王がご本尊
となっている。

また、吉祥院の変遷は、霊巌島から谷中に移り、更に現在の地に移転と
なったとのこと。霊巌島とは霊巌寺がかつてあったところのようだ。
ご住職の解説をお聴きしたあと、堂内を拝観させて頂いた(⑥)。 
⑤ご住職からお寺の縁起を聴く   ⑥本堂内を自由に拝観する

ご本尊の不動明王像(⑦)は、大師様(だいしよう)の造形。両眼を開いて
おり、天地眼となっていない。本堂右手奥には、寛永寺慈眼堂から拝領された
と言う厨子の扉(⑧)が置かれていた。三つ葉葵の紋が彫られ、格式の高さを
物語っている。

慈眼堂の慈眼とは慈眼大師天海僧正のことであり、家康、秀忠、家光と徳川
三代に仕えた高僧。吉祥院の本堂と山門は慈眼堂から移築されたらしい。
棟札がないため、証明できないことが残念とご住職が言われていた。

大老・松平定信もこのお堂に上がり、我々と同じ位置でご本尊を礼拝された
のではないかとのご説明に、江戸時代に思いを馳せることにもなった。

厨子の前には中央に不動明王、左右には智拳印を結ぶ金剛界大日如来が
鎮座されている。いずれの像も、ご利益を感じさせる造形だ。
⑦ご本尊の不動明王像      ⑧慈眼堂拝領の厨子と諸尊像 

本堂から、外に出て、境内の石仏のご説明をお聴きした。本堂を正面に見て、
左手に、五大明王、三十六童子など成田山と同じような築山がある(⑨)。
三十六という数は、過去・現在・未来と三倍すると百八となり、煩悩の基となる
とご説明された。煩悩を断ち切るための童子と理解した。

⑨吉祥院 成田山

本堂を挟むように左右に二童子が立っている。本堂に向かって左側には
険しい顔立ちの童子、制多迦童子(⑩)が立っている。他方の右側には、
蓮華を持ち、優しい顔立ちの矜羯羅童子(⑪)が立つ。像名の表記が逆
になっているのは残念。
⑩制多迦童子像      ⑪矜羯羅童子像

境内をぐるりと巡った後は、ご住職と一緒に記念撮影(⑫)をした。シャッター
は、所属団体仲間の石岡さんにお願いした。住まいが吉祥院のご近所でも
あり、今回の見仏会に馳せ参じてくれた。
⑫ご住職と一緒に記念撮影

本堂の左手奥に、「こもり娘」と言う可愛らしい像が目に付いた(⑬⑭)。
台座には明治三十三年九月二十八日建立と明記されている。
建立された人達の名前もあった。どんな思いで建てたのだろうか。 
  ⑬ こもり娘像と石碑        ⑭こもり娘像

杉並の寺院は7割が明治以降の移転、もしくは新設の寺院であり、特に
移転された寺院の場合は、お寺の古い縁起に不明な部分もある。

吉祥院も、新たな確証となる史料が出てくれば、文化財としての価値も
更に高まることが予想される。杉並の寺院は歴史を調べる楽しみもある
と思われる。いつも、熱心に解説されるご住職にお礼申し上げたい。

拝観後、高井戸駅近くの中華で、早めの昼食を美味しく頂いた。(合掌)

2018年5月19日土曜日

中島憲子さん「海外へ流出した仏像」を紹介!


5月18日(金)のBAC定例会参加者は17名。新規に1名が加入された。 
今回の学習会は、中島憲子さんが「海外へ流出した仏像」をご紹介する。

明治新政府の神仏分離令によって廃仏毀釈が盛んになり、仏像等の
美術品が破壊され、また海外へ流出した。そのような時代背景の中、
活躍された人物を4名を紹介された。
発表される中島さん         参加者の皆さん

1.美術品の保護やコレクションに関わった人物紹介
  ①岡倉天心…東京帝国大学の学生時代からフェノロサの通訳
            として、京都・奈良等の古社寺の調査旅行に同行

  ②エドワード・シルヴェスター・モース…明治10年東京帝国大学教授
           として招かれる。陶器類コレクション約5000点

  ③アーネスト・フランシスコ・フェノロサ…モースの紹介で東京帝国
            大学の教員として来日。最初の外国人、日本美術の
            研究者

  ④ウィリアム・スタージス・ビゲロー …古代仏教美術の保存に深い
            関心を抱き、多大な援助。膨大なコレクションは
            ボストン美術館に寄贈。

2.古社寺保存法の公布

    1886年(明治19年) 岡倉天心 奈良地方の古社寺調査報告書
           ↓
    1897年(明治30年) 「古社寺保存法」 公布
           ↓
    1929年(昭和4年)  「国宝保存法」
           ↓
    1950年(昭和25年) 「文化財保護法」 制定へと受け継がれる

「古社寺保存法」は、今日の文化財保護の礎となったものであり、文化財
の海外流出がきびしく規制されるようになった。

文化財は「保存」と「公開」という2つの側面を有しており、そのバランスを
取る必要がる。「公開」ばかりすると、劣化が激しく、文化財を毀損する
ことにも繋がる。一方、「保存」だけに固執し、「公開」しないと、国民共有
の財産を目にする機会を奪ってしまう。

文化財保護法を見直そうと言う動きがある。どのような視点で変えようと
しているのか、良く注目しておく必要がある。
 
3.海外流出の仏像の紹介 (一部掲載)
  一通り、解説を済ませた後、実際に流出した数々の仏像を、スライド
  に映して、名作を紹介された。
  中島さんの好きな仏像を、ほぼ年代順に映し出した。

ご紹介の仏像




海外流出になりかけ、真如苑が落札した大日如来像のエピソード
を皆さん、興味深くお聴きしていた。それにしても80万で購入した
仏像が14億円となるとは、仏像の素晴らしさは勿論のこと、「運慶」
と言うネームバリューの大きさによるものと感じる。
真如苑 大日如来坐像

最近、読んだ本んで感銘を受けた本をご紹介した。仏像好きな人
であれば、なおさら心がけたいと強く感じた。ご一読をお勧めする。
  • 書名:「仏像 みる・みられる」
  • 著者:多川 俊映 (興福寺貫主)
  • 発行:角川書店
「文化財の仏像」、「仏さまの仏像」 共に心穏やかにしてくれる
のは確か。

2018年5月15日火曜日

開基1080年 成田山新勝寺を参詣!


1.京成線で成田山へ、参道を歩き総門に到着
 5月12日(土)荻窪のメンバー15名が成田山新勝寺を参詣した。
 日暮里駅9時集合としていた。JR山手線が遅延し、集合時間に
 間に合わない人が続出。一つ遅い特急に乗って出発した。(①)
 
 京成成田駅から成田山への参道を進んだ。参道脇のお店から、
 声を掛けられる。 10分程歩くと、先の方に塔が見えて来る。
 (②、③) 威風堂々とした総門に到着した。(④)

 いよいよ巡拝開始。境内案内図(A)や伽藍(B)を参考に掲載した。
①京成線で成田へ向かう    ②成田山へ参道を歩く

③参道から三重塔が見える   ④成田山新勝寺の総門
 
A.成田山境内案内図       B.境内伽藍(江戸時代建立)

2.総門、仁王門を抜け、本堂を参拝 
 総門の脇に「智慧の門 くぐりて歩む 慈悲の道」と記された看板(⑤)
 が目に付いた。仏教の二大テーマを見事に表現されていると感じた。

 最初に仁王門(⑥)をじっくり眺めた。境内には5つの重要文化財
 建物がある。仁王門はその中の一つ。阿形を那羅延金剛、吽形を
 密遮金剛と言う。裏側には、多聞天と広目天が祀られていた。
⑤総門近くに掲示の教え     ⑥総門を抜け仁王門へ

 本堂でのお参りを済ますと、法要を済ませ退出されるお坊さん(⑦)を
 見かけた。本堂の裏手に回ると、石垣の中に、不動明王(⑧)と眷属の
 童子達が鎮座していた。(⑨)

 また、本堂裏側の壁面には中央に、胎蔵界大日如来坐像、左脇侍に
 虚空蔵菩薩立像、右脇侍に聖徳太子立像が祀られている。(⑩) 
⑦本堂から退出される僧侶   ⑧本堂裏手の不動明王像

⑨不動明王の童子像解説  ⑩本堂裏側に祀られる諸尊像

3.開山堂、額堂
 本堂参拝の後は、平和大塔を目指し、境内を歩いた。医王殿落慶を
 祝う門(⑪)を潜り、階段を昇ると右手に、開山堂、左手に額堂がある。

 開山堂前では大勢のお坊さんが集まり、法要が執り行われていた。(⑫)
 「開山寛朝大僧正報恩大報会」と言う。開山の寛朝(かんぢょう)は、
 宇多天皇のお孫さんであり、「平将門の乱」の際、自ら関東に下向し
 祈祷したそうだ。その時の不動明王を本尊に創建されたのが成田山
 新勝寺となる。何と由緒あるお寺だろうか。 
⑪医王殿落慶を祝う門    ⑫開山寛朝大僧正報恩大報会

 開山堂の反対側に、重要文化財の「額堂(がくどう)」(⑭)がある。
 額堂とは、奉納物や絵馬を掲げる建築物との説明がある。(⑬)
 
 奉納品が多く、いかに不動信仰が厚かったかを物語る。信徒の中で、
 特に有名な方が歌舞伎役者の市川團十郎。初代と七代目の功績は
 一際大きいようだ。(⑮、⑯) 
⑬額堂の解説         ⑭額堂

⑮七代目団十郎石像の解   ⑯七代目団十郎の石像

4.光明堂、奥の院
 額堂の先に光明堂(⑰)がある。このお堂は重要文化財であり、
 建立された年代が一番古く、かつての本堂であった。
 堂内で、「天国宝剣頂戴(あまくにのほうけんちょうだい)」と言う
 除災招福の祈願をして頂いた。

 「天国宝剣」は寛朝大僧正が朱雀天皇より賜った成田山第一の
 霊宝であり、その宝剣を肩に当てて祈って頂く。大変有難い。

 中央に大日如来、向かって左側に不動明王、右側に愛染明王が
 鎮座されていた。
                (ネットから)
⑰光明堂          ⑱天国宝剣頂戴

 光明堂の奥に、奥の院がある。奥の院の開扉は7月に3日間だけ
 である。(⑲) 開基1080年を記念して特別ご開帳となっていた。
 折角の機会であり、洞窟の中に入ることとした。(⑳)
 奥行11メートルの洞窟の奥には大日如来が安置されていた。
⑲奥の院洞窟の解説     ⑳奥の院洞窟入口

5.医王殿、平和大塔
 奥の院の先に真新しいお堂が見える。開基1080年祭記念行事
 として、昨年建立された医王殿だ。(21,22) 医王とは医者の王様、
 つまり薬師瑠璃光如来のこと。薬師堂とか瑠璃殿と呼ばれること
 もある。
21医王殿の解説板         22記念行事として建立の医王殿
 
 医王殿の先、境内の一番奥に平和大塔が建つ。入り口には御朱印
 を求める人で、長蛇の列。その脇を通り、中に入る。お目当ては、
 彩色が鮮やかな五大明王を拝観すること。巨像の五体は迫力満点。
 
 不動明王像に対面して右手に胎蔵界曼荼羅、左手に金剛界曼荼羅
 が掛かっている。弘法大師・空海へと法脈が繋がる真言八祖像も
 掲示されている。堂内はまさに真言密教の世界となっている。
23平和大塔        24不動明王像

6.三重塔、一切経堂
 平和大塔から下りて来て、本堂正面脇に建つ三重塔前に集合した。
 解説板(25)によると、塔の初層内陣には金剛界の五智如来が安置
 されている。色鮮やかな美しい塔だ。(26) 
 全員揃って記念撮影となった。(27)

25三重塔解説          26三重塔

27記念撮影
 
 三重塔のそばには、一切経堂が建つ。中央の転輪経蔵に収まる
 一切経(仏教経典の総集)は約2,000冊とのこと。(28)
 この八角転輪蔵を回すことで、経典を読誦したことになるとは、
 大変便利で有難い。皆さん堂内を覗き込んで、歓談する。(29)
28一切経堂の解説         29一切経蔵の扁額

7.釈迦堂
 巡拝の最後は、釈迦堂。安政五年(1858)に建立された前本堂
 とある。(30) 今の本堂ができるまでは、この釈迦堂(31)が本堂
 だった。
 
 釈迦堂の前の本堂が元禄14年(1701)建立の光明堂とのこと。
 したがって、それぞれ、元禄本堂、安政本堂と呼ぶようだ。いずれ
 も国の重要文化財指定を受けている。
 
 釈迦堂の前には、沙羅双樹の木(32)が立ち、今にも咲きそうな蕾
 をつけていた。釈迦堂での参拝(33)を最後に、成田山新勝寺での
 巡拝を終えた。
30釈迦堂の解説        31釈迦堂

32釈迦堂前の沙羅双樹     33釈迦堂のご本尊と脇侍像

8.奉納総踊り、鰻重で舌鼓
 境内を後にし、参道に出ると、賑やかな音楽と共に、大勢の
 踊り手が行進して来た。(34)記念行事「平和大塔まつり奉納
 総踊り」との遭遇だった。何となく元気になるから不思議だ。
 
 本日のお楽しみの一つは昼食の鰻重。(35) 時間が1時を
 過ぎていたこともあり、15名全員が直ぐに着席できた。
 リーゾナブルな値段と美味しさに、皆さん大満足!
34平和大塔まつり奉納総踊り   35成田山名物 鰻重で昼食歓談
 
 今回も楽しい一日となりました。ご参加の皆さんに感謝。 (合掌)