2018年8月12日日曜日

半蔵門ミュージアムで運慶作・大日如来像とご対面‼


8月11日(土)10時、荻窪グループの18名が東京メトロ半蔵門駅
4番出口の地上に集合した(①)。今年4月にオープンしたばかりの
半蔵門ミュージアムを訪れた。主たる目的は、運慶作の大日如来を
拝観すること。

早めに到着して、参加の皆さんが集まるのを待つ。ミュージアムの
開館は10時であり、入口はまだ閉じられたまま(②)。
①半蔵門駅4番出口地上      ②半蔵門ミュージアム入口

開館と同時に入館すると、受付で、入館証とパンフレット(③)が人数分
渡された。半蔵門ミュージアムはアクセス地図(④)の通り半蔵門駅地上
の直ぐそばに入口がある。

10時20分から、仏教文化に関する映画が始まると告げられた。そこで
最初に映画を視聴することにし、会場の3Fへエレベーターで移動した。

③ミュージアムのパンフレット   ④ミュージアムへのアクセス
                           (③の地図を拡大)

3Fのホールで待っていると、上映の準備ができたと、シアタールーム
へ案内された。映画は18分で、釈迦が悟りを開いたこと、仏像が制作
された理由、仏教が日本へ伝来したこと、日本における仏像の変遷、
運慶の登場等、時系列に分かりやく、興味深い内容となっていた。

この映画の監修が運慶研究の第一人者である、清泉女子大学教授
山本勉氏であることを最後に知り、成程と納得。また、坐り心地の良い
椅子など、充実した施設にも感心した。

映画視聴後は、B1Fのミュージアムで展示作品を観覧し、その後、2F
ギャラリーの運慶仏写真を眺めることとした。フロア案内(⑤)と展示品
目録(⑥)を見ながら移動した。
⑤フロア案内          ⑥展示品目録

展示品目録(⑥)は、
 期間:8月1日(水)~11月11日(日)、
 テーマ:3分類 となっている。入り口から順に
       「ガンダーラの仏教美術」
       「祈りの世界」
       「特集展示 信仰の絵画」 
        (⑦)
 
お目当ての大日如来像は「祈りの世界」に展示。ガラスケースに入り、
360度、間近で眺められる。背筋を伸ばした、若々しい造形にうっとり
する。運慶作・大日如来像に共通の特徴。いつ見ても素晴らしい。
⑦大日如来坐像などの展示品(パンフレットから)

B1Fミュージアムの観覧を終え、2Fギャラ―で運慶仏の写真を
眺めた。外見的には、玉眼始め、リアルな造形が運慶の特色と
言える。

本ミュージアム大日如来坐像の胎内納入品がX線写真で確認
できる。心月輪、五輪塔、仏舎利塔の配置に運慶仏共通の特徴
が見える。

展示の運慶仏写真で目に付くものが「上げ底式内刳り」と言う
技法。これも、運慶仏の特徴のようだ。台座を外して、仏像を
さかさまにし、像の底を見ない限り確認できない。

写真を堪能した後は、同じフロアにあるラウンジでお茶を頂き
ながら、休憩した。無料で、運慶作の仏像を観覧し、その後
ゆっくり寛げるとは、何と有難いことか。

そろそろ、昼食時となる。丸の内のレストランで食事をしようと
地下鉄に乗り、向かった。新丸ビル内のレストランで、昼食を
美味しく頂いた。

今日も楽しいひと時となった。ご参加頂いた皆さんに感謝。
(合掌)


2018年7月16日月曜日

鎌倉市大船 常楽寺を参詣


7月14日(土)荻窪のメンバー14名がJR新宿駅で、湘南新宿ラインに
乗車、常楽寺へ向かった。鎌倉の古刹には今まで何度も足を運んだ。
その際、下車する駅は、決まって北鎌倉駅か鎌倉駅のいずれかだった。
今回、初めて大船駅で下車することになった。

大船駅で江ノ電バス乗り場に向かう。前方には真っ白な大船観音が顔を
覗かせる。(①、②)
①大船駅 江ノ電バス停     ②微笑みの大船観音

常楽寺の創建は、建長寺や円覚寺より古い。鎌倉幕府三代目執権の
北条泰時が建立した粟船御堂(あわふねみどう)が始まりとある。(③)
大船(おおふな)の地名は粟船(あわふね)に由来するとのことだ。

常楽寺の山号は粟船山(ぞくせんざん)と言い、当初のお堂名を残して
いる。なお、北条氏略系図と各執権が建立した寺院は④の通りであり、
常楽寺が鎌倉古刹の中でも、古いことが良く分かる。

また、開山の退耕行勇(たいこうぎょうゆう)は頼朝や政子の帰依を受け、
重源、栄西に次いで東大寺復興の大勧進職三代目を務めた高僧。
③常楽寺の縁起          ④北条氏略系図

茅葺の山門を抜けると、境内は木々が茂り、心が落ち着く空間となって
いる。(⑤) 本堂では、法要が営まれており、境内だけの拝観となった。

境内の堂宇は、本堂、仏殿、文殊堂の3つ。山門の真っ直ぐ先、山際に
仏殿がある。その左側に文殊堂、山門と仏殿を結ぶ線の中央、右手に
本堂がある。

本堂は、法要のため、閉ざされたまま、文殊堂は秘仏のため、閉扉され
たままとなり、唯一拝観できたのは仏殿の阿弥陀如来坐像だけ。(⑥)
阿弥陀如来の脇侍像、観音菩薩、勢至菩薩が修理のため、外出されて
いた。(こちらも残念)

阿弥陀如来像は、室町時代の作で作者は不詳とのこと。目を見開き、
穏やかな表情で、来迎印を結んでいる。暫くは、仏殿や文殊堂の造り
を眺めながら、歓談した。 
⑤樹木が茂る常楽寺境内     ⑥仏殿の阿弥陀如来坐像

仏殿の裏手には、山裾に開基・北条泰時や功績のあった住職の墓が
並んでいる。(⑦、⑧) 禅宗寺院に共通することとして、墓所が質素。
大変、好感が持てる。
⑦墓地を解説する石板      ⑧北条泰時の墓(向かって右)

仏殿の右脇には庭園と池がある。池には色天無熱池(しきてんむねつち)
との名前が付いている。色天とは欲界の穢れを離れた清浄な世界を、
無熱池とは、炎熱の苦しみのない池を意味するそうだ。禅宗風の作庭に
なっている。

そこに、可憐な白い蓮の花(⑨)と華やかなピンク(⑩)が咲いていた。
酷暑の中、爽やかな風が流れたような気持になった。 
⑨色天無熱池の蓮の花(白)    ⑩同じく蓮の花(ピンク)

境内をぶらぶらした後、山門前に並んで記念撮影。(⑪、⑫)
⑪境内を散策する参加者     ⑫山門の前で記念撮影

次に向かうのは、裏山、木曽義高のお墓。境内の左側の細い道を歩き、
曲がりくねった山道を登る。(⑬、⑭) 木曽義高は、木曽義仲の嫡男。
木曽義仲は、源頼朝とは従兄弟同士。平家追討の令旨を受け、共に、
挙兵した。その後、敵対関係になり、頼朝軍敗れ、討ち死にする。

義高は頼朝との和睦のために、鎌倉へ送られた。悲運な最期で、常楽寺
の裏山に祀られたようだ。(⑮)墓石の背後が盛り土となって、卒塔婆が
立っていた。これが木曽塚(⑯)と呼ばれている。 
⑬仏殿の裏山を登る       ⑭木曽塚まであと一息

⑮木曽義高の墓           ⑯ 木曽塚

常楽寺のあと、多聞院にまで足を延ばした。(⑰) 真言宗大覚寺派、
本尊が寺名の通り毘沙門天(多聞天)の寺院。真言宗寺院であり、
仏像が多いと、楽しみにして訪れた。 
⑰常楽寺から多聞院へ向かう

残念ながら、こちらの寺院も法要が営まれるため、境内のみの拝観
となった。土曜日は法事が多く、拝観が難しくなるケースが多い。
⑱多聞院境内            ⑲多聞院本堂内陣

2つの寺院を巡ったあとは、和風レストランで、昼食タイム。
この炎暑の中、ご参加頂いた皆さんに感謝しながら、楽しく、
美味しく頂いた。(合掌)



2018年7月13日金曜日

熱田神宮、瀧山寺、大樹寺を巡る‼


毎年、気の置けない者5名が「仏像と歴史研究会」と称し、神社・仏閣等を
巡っている。かつて、同じ会社に勤務した、同期入社の5人衆。各々が、
好きな、得意分野や特技を持つ面々。考古学、古代史、江戸検定1級合格、
水彩画・書、仏像彫刻。 歴史、美術と興味の対象は尽きない。
ご親戚のご不幸のため、今回は、不参加1名。

7月8日(日)10時半、名古屋駅近くのレンタカー会社に集合。レンタカー
で巡拝スタート。名古屋城➡熱田神宮➡瀧山寺➡大樹寺➡岡崎公園。
探訪した中で、熱田神宮、瀧山寺、大樹寺についてリポートする。

1.熱田神宮
  熱田神宮は「三種の神器」の一つ、草薙剣が祭られていることで有名。
  
  頂いたチラシには次のような解説がある。
   『ご祭神の熱田大神(あつたのおおかみ)は三種の神器の一つ
   である草薙神剣(くさなぎのみつるぎ)を御霊代(みたましろ)と
   される天照大神(あまてらすおおかみ)のことです。』
  熱田大神=草薙神剣=天照大神と言うことになる。

  東門駐車場(?)に車を入れて、境内(①、②)を歩き出した。
①境内案内図      ②同左・部分拡大

  最初に目を引いたのは大きなクスノキ(③)。弘法大師お手植えとの
  解説がある(④)。樹齢1000年以上とある。お手植えなら、1200年
  は経つ。熱田神宮と空海はどのような関係があったのだろうか。
③大楠(おおくす)          ④同左・解説

  次に注目したのは信長塀(のぶながべい)(⑤、⑥)。解説板によると、
  「織田信長が桶狭間出陣の際、当神宮に願文を奏し、大勝したので、
  そのお礼として奉納した塀である。」

  信長が神仏に願をかけたり、お礼をすることもあるのかと驚く。また、
  奉納した塀が、土塀とは思えないほど、頑丈そうな造りをしていること
  に再び驚く。土と石炭を油で練り固め、瓦を厚く積み重ねているそうだ。
⑤信長塀           ⑥同左・厚み

  本宮まで進み、参拝を済ませた(⑦)。境内には熱田神宮1900年の
  歴史を時代順に解説した看板が並んでいる。その中でも、個人的に、
  関心が高い時代は鎌倉時代(⑧)。源頼朝、熱田神宮、運慶との関係
  を探るのが面白い。
⑦熱田神宮 本宮      ⑧1900年の中の一時代

  熱田神宮の次は、岡崎市の瀧山寺へ向かう。

2.瀧山寺(たきさんじ)
  瀧山寺は運慶仏を所蔵するお寺として、仏像好きに知られている。
  お寺の縁起は、しおりに記載されている(⑨)。歴史は古く、役行者・
  小角(えんのぎょうじゃ・おづぬ)が建てた一堂が瀧山寺の始まり
  とされる。現在は天台宗の寺院。

  隆盛を極めたのは、鎌倉時代、源頼朝の従弟に当たる寛伝上人
  が住職になった時代とある。寛伝は熱田神宮宮司の子息であり、
  頼朝の菩提を弔うために、仏像制作を運慶に依頼した人物と
  される(⑳)。

  木立の中、階段を上がると前方に本堂が見えて来る(⑩)。
⑨瀧山寺縁起         ⑩本堂への参道

  本堂を参拝(⑪、⑫)。ご本尊の薬師如来は秘仏のため、拝観する
  ことはできない。しおりには50年に一度ご開帳とある。特別ご開帳
  はないのだろうか?
⑪瀧山寺本堂            ⑫本堂を参拝

  境内、本堂前では、大きな太鼓にまたがり、太鼓を叩く子ども(⑬)、
  太鼓を作る大人たち(⑭)の姿が見える。大きな樽を重ねて、太鼓
  を作っているようだ。この地域の歴史と文化を感じる。
⑬樽で作った太鼓を叩く     ⑭樽で太鼓を作る
 <瀧山東照宮>
  本堂の横手に瀧山東照宮(⑮)がある。岡崎の地に東照宮を勧請した
  のは徳川三代将軍家光と解説板に書かれている(⑯)。
   『三河の国は、徳川家の本国、岡崎城は家康誕生の地で、また在世の
   本城であるから、岡崎附近に権現様を勧請したい。』  

   『幸いにも、瀧山寺は古跡で岡崎の要害の地にも当たり、家康が岡崎
   在城の節、信仰も厚かった霊地であるから、この地に東照宮を勧請
   するように・・・・』
⑮瀧山東照宮参詣          ⑯瀧山東照宮の解説

  東照宮は全国に100社以上あると聞く。瀧山東照宮の境内はさほど
  広くはなく、本殿も小さい(⑰)。しかし、日光、久能山東照宮と並んで
  瀧山東照宮が日本三東照宮に数えられると言う(⑱)。

  調べてみると、二大東照宮は決まっているものの、三番目となると、
  いくつか説が分かれるようだ。いずれにしても、格式高い東照宮である
  ことは間違いない。
⑰瀧山東照宮 本殿        ⑱岡崎観光文化百選

  坂を下って、瀧山寺宝物館へと向かった。 (⑲) お目当ての運慶仏と
  ご対面できる。
⑲瀧山寺 宝物館入口

  宝物館に入ると、ガイドの方が熱心に宝物の解説を始められた。系図を
  手にされ、足利氏三代目の義氏が三河国の守護職となってから、足利氏
  と瀧山寺との関係が強くなったと説明。

  源氏と足利氏とは源義家を先祖に持つ、親族(⑳)。仏像好きな者達が
  注目する人物は、義氏の父・義兼(足利氏二代目)。今は廃寺となった
  樺崎寺(かばさきじ、足利市樺崎町)を建立し、運慶に大日如来像制作
  を依頼している。(21)

  その、樺崎寺所縁の大日如来像は現在、光得寺(足利市)と真如苑
  (立川市)が1体ずつ所蔵している。

⑳源氏・足利氏の系図      21頼朝に繋がる系図と運慶仏

  ようやく、お目当ての運慶仏とご対面となった(22)。中尊の聖観音
  菩薩像、左脇侍の梵天像とは、それぞれ東京国立博物館、金沢文庫
  での運慶展で拝観した。右脇侍の帝釈天像とは初のご対面となる。

  この三尊像の造立者は、前述の通り、瀧山寺住職の寛伝。聖観音立像は、
  頼朝と等身大の大きさにし、像内に頼朝の鬢(びん)と歯が納められて
  いる。

  三尊像の中で、一番のお気に入りは、帝釈天立像。東寺講堂像と良く似て
  いる。東寺講堂像は、イケメンNo.1の仏像として人気がある。瀧山寺像
  のイケメンぶりも勝るとも劣らない。運慶は、東寺講堂像の修復も手掛け
  ており、お顔立ちが似るのも不思議はない。

  専門家が運慶作と認定の現存する仏像は全国で31体。愛知県以東では
  16体と過半数になる。その16体は、源頼朝と深い繋がりの人たちがが
  造立しており、頼朝の影響力がいかに大きいかを示している。

  ガイドの方から、足利義氏が奉納した迎講(むかえこう)菩薩面の拓本
  (23)がプレゼントされた。迎講とは、阿弥陀如来が二十五菩薩を伴い
  お迎えに来るさまを儀式化した法会のこと。義氏は阿弥陀信仰があった
  と推察する。
22聖観音・梵天・帝釈天(運慶・湛慶作)     23迎講・菩薩面の拓本
          [絵はがきから]

3.大樹寺
  最後は、徳川将軍家の菩提寺「大樹寺」。歴代将軍の位牌があることで
  有名なお寺。将軍の身長と同じ位牌はどんなものだろかと思いながら、
  訪れた。境内には、本堂、大方丈、収蔵庫、宝物殿の建物がある。(24)
  先ずは、本堂のご本尊参拝に向かう。(25)
24大樹寺境内案内図          25大樹寺本堂

  大樹寺沿革を記す案内板が建っていた。(26、27) 大樹寺の創建は
  松平4代の親忠とある。家康が松平9代であり、5代前の先祖となる。

  「厭離穢土(おんりえど)、欣求浄土(ごんぐじょうど)」の教えが、
  なぜ家康の座右の銘となったかの経緯も書かれれいる(27 赤線部分)
26大樹寺沿革          27同左・拡大

  本堂の受付で、宝物殿など観覧の入館料を納めると、ご本尊の前に
  着席するように促される。すると、大樹寺の縁起を解説する録音テープ
  が流れ出した。「だいじゅじ」ではなく「だいじゅうじ」と何度も呼んで
  いた。気になって、後で調べてみると、「だいじゅうじ」とも言うようだ。

  ご本尊の阿弥陀如来坐像は、金色の見事な像。(28)平安末期の作と
  言う割りに、劣化が少ない。恐らく修復を終えた像と思われる。
  一光千体阿弥陀如来呼ばれ、光背に千体の化仏が荘厳されている。

  本堂の向かって左脇には法然上人の像(29)を見る。 浄土宗寺院では、
  善導大師(向かって右脇)と対になって安置される。
28阿弥陀如来坐像          29法然上人坐像

  宝物殿では、松平八代と徳川歴代将軍の位牌が並んでいた。位牌の
  大きさは、5代綱吉が一際小さい。8代吉宗は大きいと言われている
  いも関わらず、他と同じような大きさだった。
30徳川歴代将軍位牌

「仏像と歴史研究会」予定コースを終了し、夜は浜松名物の鰻で舌鼓を
打った。いつも楽しい旅となり、感謝!(合掌)