2018年12月17日月曜日

「空海研究会」京都・南山城から奈良・斑鳩を巡る‼


空海研究会(東上野・成就院長老 福田亮成師主宰)では、毎年
空海所縁の寺院を訪ねている。今年は12月5日~6日の2日間、
京都・南山城、奈良・斑鳩、信貴山、二上山の古刹を巡った。
参加者は福田先生、会員10名(約30名中)、ゲスト1名の
総勢12名。

新幹線で京都駅まで行き、京都駅から予約していたバスに乗車し、
南山城へ向かう。訪れる寺院は、蟹満寺と観音寺(下記地図)。
両寺院のご住職は、僧門において福田先生と深いご関係をお持ち
の方々。
京都・南山城 蟹満寺、観音寺の所在地
蟹満寺
 蟹満寺は真言宗智山派の寺院。山門脇には「普門山 蟹満寺」(❶)
 の門柱が建つ。拝観受付の窓口下の壁には蟹の彫刻が掛る(❷)。

❶蟹満寺の山門       ❷拝観受付に掛った蟹
 
 ご住職お住いの応接間に案内された。部屋の壁には「蟹の額」(❸)が
 飾ってある。ご住職、奥様と福田先生は暫し旧交を温め、ご歓談(❹)。
 頂いたお茶(玉露)は、今までで味わったことのない美味しに感激。
❸部屋の壁に掛った蟹     ❹呈茶に談笑する皆さん

 いよいよ、本堂にご案内されて、ご本尊の国宝・釈迦如来坐像を
 拝観(❺)。堂内の壁には、蟹満寺縁起を伝える絵が六面、掲示
 されている。沢山の蟹が満ち満ちて恐ろしい災難を救った因縁
 で蟹満寺と名づけられ、妙法蓮華経普門品(観音経)の功徳を
 たたえ、普門山と号されたということだ。

 ご住職のお話では、蟹満寺の創建は七世紀後半の白鳳期に遡り、
 境内周辺の発掘調査で、創建当時金堂の遺構が、現本堂の下に
 あることが判明したとのこと。ご本尊は、白鳳期から同じ場所
 に鎮座されていることになる。(飛鳥大仏と同じだ!)

 このように穏やか表情で、1300年間も人々の願いや祈りを
 受け止めて来られたと思うと、一層神々しく輝いて見える。
 御朱印は❻の通り。

 古代の丈六金銅仏として残っているのは、飛鳥寺、蟹満寺、
 薬師寺の各尊像だけとのこと。
         (絵葉書から)
❺本尊・釈迦如来坐像(国宝)     ❻蟹満寺の御朱印 

 堂内は本尊左脇壇(向かって右)に、中尊・聖観世音菩薩(❼)、
 左脇侍・不動明王、右脇侍・地蔵菩薩が並んでいる。
 右脇壇に、中尊・阿弥陀如来、左脇侍・弘法大師、右脇侍・
 興教大師の三尊像となっていた。

 注目は、ご本尊とは別に縁起本尊として、厄除 聖観世音
 菩薩が祀られていること。

 一通り拝観した後、蟹満寺ご住職もご一緒に、記念撮影(❽)。
 次に向かう先は観音寺。
       (解説冊子から)
❼縁起本尊・聖観世音菩薩  ❽本堂前で記念撮影

観音寺
 境内入口で京都南山城 国宝巡礼の立て看板(❶)を目にした。
 蟹満寺の釈迦如来坐像と合わせて、観音寺の十一面観音立像が
 一際、目立つ。他に仏像では、浄瑠璃寺の阿弥陀如来坐像と
 四天王立像がある。こちらは、昨年5月に拝観済み。

 本堂の前には、観音寺の縁起とご本尊・十一面観音立像について
 の案内板(❷)が立つ。
 〇観音寺は真言宗智山派の寺院であり、大御堂(おおみどう)
  とも普賢寺(ふげんじ)とも呼ばれる。
 〇天武天皇の勅願で義淵(ぎえん)が創建、聖武天皇の勅願で
  良弁(ろうべん)が伽藍を整備した。
 〇ご本尊の十一面観音立像は良弁によって安置されたという。
❶国宝巡礼案内    ❷観音寺縁起の案内

 周りが田園地帯の中に、観音寺の本堂(❸)が建っている。ご住職
 の案内で、堂内に通され、ご本尊の国宝十一面観音立像とご対面。
❸観音寺本堂

 厨子の扉が開けられると、天女のような十一面観音が出現した。
 天平時代の名作に思わず息を飲む。指先には木心乾漆造ならでは
 の造形美が見事。

 数ある十一面観音の中でも、観音寺像は、美しさベスト3に入る。
 奈良・聖林寺像、滋賀・向源寺像と合わせ、この3体は甲乙つけ
 難い。観音寺の御朱印は❺の通り。
 ❹本尊・十一面観音立像(国宝) ❺観音寺の御朱印

 観音寺においても、ご住職と一緒に記念撮影(❻)。境内の池には
 金色に輝く鯉が泳いでいた(❼)。次に向かった先は奈良・斑鳩の
 法隆寺。
❻本堂を背に記念撮影     ❼金色に輝く池の鯉

法隆寺
 白鳳時代の釈迦如来(蟹満寺)、天平時代の十一面観音(観音寺)
 を拝観した後は、法隆寺で飛鳥時代の仏像にお会いする。

 バスの駐車場で降り、法隆寺へ向かう。ここに来ると、飛鳥の
 風を感じる。法隆寺の境内(❶)は広い。拝観受付(❷)で頂いた
 チケットは「西院伽藍」「大宝蔵院」「東院伽藍(夢殿)」の
 入場券となっている。
❶法隆寺境内図   ❷拝観受付への入口

 西院伽藍エリアで一番良く目にする堂塔が並列する五重塔と
 金堂(❸)。法隆寺式伽藍配置と言われる伽藍配置であり、
 仏舎利と仏像を同等に重んじるようになったことを示す。
❸金堂と五重塔

 最初に拝観したのは、五重塔と金堂の後ろに位置する大講堂。
 薬師三尊像(国宝)と四天王像(重文)(❹)が堂内に鎮座。
 大講堂内で、御朱印「以和為貴」(❺)を頂く。建物と諸尊像
 は共に平安時代の造立。
❹大講堂の薬師三尊像 ❺法隆寺の御朱印

 大講堂と繋がる回廊は平安時代、その先の部分は飛鳥時代の
 建築(❻)であると、お寺の方から説明を受けた。柱と虹梁に
 違いがあった。

 次は、回廊の内側にある金堂を訪れた。あまりにも有名な仏像
 釈迦三尊像(❼)を拝観した。造立当時のままで残る日本最古の
 像は、有難みを強く感じる。
❻飛鳥時代の回廊      ❼金堂の釈迦三尊像(国宝)

 五重塔は外観のみ眺め、大宝蔵院、百済観音堂(❽)へ移動した。
 百済観音像(❾)の造形は現代でも、斬新に感じる。その像が、
 飛鳥時代に制作されたこと自体驚きだ。

 かつて、フランスのルーヴル美術館に出陳され、大好評を博した
 そうだ。海外でも評価され、日本が誇れる文化的遺産と言える。
❽朱色の百済観音堂    ❾百済観音(国宝)

 大宝蔵院に安置される、数多くの名作の中でも、一番の注目は
 九面観音菩薩立像(❿)。8世紀初頭、唐から請来の像であり、
 白檀でできた30数センチの小像。本体から離れている天衣まで
 含め、一木造となっている。その技量の高さに仰天する。
❿九面観音立像(国宝)

 東院伽藍の閉館時間もあり、急いで夢殿のある東院伽藍へ移動。
 救世観音は御開帳日でないため、残念ながら拝観できなかった。
 夢殿拝観後、宗教における「夢告(むこく)」について福田先生
 からご教示頂いた(⓫)。
 
 法隆寺拝観を終え、東院伽藍から西院伽藍への参道(⓬)を歩き、
 バスに戻った。向かうは今晩宿泊する信貴山 玉蔵院の宿坊。
⓫先生のご説明を拝聴する参加者 ⓬東院伽藍を出ての参道 

★★翌日の探訪(朝護孫子寺、當麻寺)は次のブログでリポート★★




2018年11月27日火曜日

南房総の古刹を巡る<那古寺>

<真野寺、小松寺リポートから続く>

3.那古寺(なごじ)
  最後の参拝寺院は那古寺。真野寺、小松寺は南房総市の
  お寺であり、那古寺は館山市所在。
  
  那古寺の名前は、以前から耳にしていた。中嶋莉恵さんが
  東京藝大で教育研究助手をされていた時、那古寺・阿弥陀
  如来像の修復に携われた。そして、その修復工程について、
  西荻窪で講演して頂いた。

  バスを降り、なだらかな参道を登る(❶)。参道が左へカーブ
  するところに案内図(❷)がある。仁王門、鐘楼堂、阿弥陀堂、
  多宝塔、観音堂が並ぶ。

  仁王門までの参道壁には、那古寺の仏像や宝物のの解説板が
  いくつも掲示されていた。(その一部が❸❹)
❶那古寺への参道を歩く   ❷那古寺の堂塔案内

❸木造阿弥陀如来坐像の解説 ❹銅造千手観音立像の解説

  仁王門の前には、『真言宗智山派 坂東三十三番霊場 補陀落山
  那古観音』と刻まれた石柱(❺)が建っている。一番札所の鎌倉市
  杉本寺から順打ちに巡ると、那古寺は結願(けちがん)の寺となる。
  
  阿吽の仁王像(❻❼)は、歴史の風雪に耐え、聖域を守護している
  ことを感じさせる。阿形の、口の開きが大きいのも良い。境内に
  入ると、すべての堂塔が見渡せる(❽)。
❺仁王門         ❻阿形像

❼吽形像           ❽境内

  多宝塔(❾)と観音堂(❿)は千葉県指定有形文化財。共に、
  内部の木造宝塔1基、厨子1基が附(つけたり)指定と
  なっている。造形の美しい建造物だ。

  多宝塔の内部は、今回拝観できない。観音堂は、那古寺の
  本堂に当たるお堂であり、拝観させて頂ける。(本尊は
  秘仏のため拝観不可)
❾多宝塔          ❿観音堂側面

  観音堂の内部に入らさせて頂く。中央に、大きな閉扉の厨子が
  が見える。振り返って、外に目をやると、正面前方に海が広がる。
  観音さまが住むと言われる補陀落(ふだらく)浄土は、南の海に
  あるとされる。正に山号(補陀落山)通りの地に建立されている。
⓫観音堂の正面      ⓬観音堂の中から海を臨む

  お堂の内陣左側に着席し、ご住職から那古寺の縁起や宝物に
  ついて、ご説明があった。御本尊の開帳は丑年、午年の3月
  中旬から4月中旬の期間だけ。秘仏とは言え、案内板に写真が
  掲示されているから、ご覧くださいと話された。

  その写真が⓭。向って右側がご本尊。頭上に両手を掲げる様式
  の清水寺式千手観音となっていた。⓭左側は国の重要文化財に
  指定された銅造千手観音立像。

  銅造でありながら、指先まで精緻に造形されているとは、鋳造
  の技術が優れていると言える。見事な像が堂内の脇仏として、
  内陣の左隅に安置されている。那古寺一番の宝物と思う。
⓭千手観音菩薩立像
(右側が秘仏本尊)

  ご説明が終わった後、厨子の前で、拝観ならず、ご焼香。
  続いて、別のお坊さんが、堂内を案内された。の右隅奥には、
  智拳印を結んだ金剛界大日如来が鎮座。光背の彩色が一部、
  剥落しかけている。「塩害による」とお坊さんは嘆いていた。
  海風被害は大きいようだ。

  観音堂の拝観を終えた後、阿弥陀堂に案内された。中嶋さんが
  修復された阿弥陀如来とのご対面。堂内は薄暗く、阿弥陀さん
  のご尊顔は残念ながら良く確認できない。お堂の壁も補強して
  いる。しかし、ここでも、塩害は避けられないようだ。(⓮)

  修復に携わった方々のお名前が掲示されていた。修復代表者に
  薮内佐斗司教授のお名前、そして修復者の中に、中嶋莉恵さん
  のお名前を確認した。この9月の講演会参加の人達は親しみを
  もって、読み上げていた。
⓮阿弥陀堂で阿弥陀像を拝観

3ヵ寺巡拝を終え、帰路についた。バスの中から大きな満月を見る
ことができた(⓯)。太陽が沈んでいると錯覚された方もいた。(笑)
⓯帰路のバス中から見えた満月

<筆者からのお礼>
『今回のバスツアーも、実り多い旅となりました。
 竹田会長、幹事の皆さまには、お世話になりました。
 ご参加の皆さまと楽しいひと時を共有できたことが、
 何よりの喜びです。深謝。(合掌)』

小平・花南仏像の会「南房州の古刹を巡る」リポート終了‼ 




2018年11月26日月曜日

南房総の古刹を巡る<小松寺>

<前号 真野寺リポートからの続き>

2.昼食後、小松寺(こまつじ)へ
  昼食は漁師料理の看板を掲げた、団体客で賑わう店。席に着く
  なり、予約していた料理が運ばれてきた。遠方の小高い山の上
  には館山城が小さく見える。(❶❷)
  美味しい料理を頂いた後、巡拝2番目のお寺、小松寺へ向かう。
❶昼食の漁師料理      ❷遠方に館山城

  バスを降り、標識の示す方向へ歩く。木々の茂った参道は
  空気まで美味しく感じられる。(❸❹) 
  苔に覆われたブロック積み(❺)、紅葉と池のコントラスト(❻)
  など、自然の織り成す景色に目を奪われた。
❸小松寺への標識      ❹木々が茂る参道を歩く
❺苔に覆われたブロック積み ❻紅葉と池のコントラスト

  歩くこと、7、8分で小松寺の仁王門に到着した。(❼)
  仁王門のそばに「小松寺(本尊薬師如来)のあらまし」(❽)
  の解説板があった。
  『文武天皇の御代(700年)に役小角(えんのおづぬ)に
   よって小さな庵が建てられた。養老二年(718年)に、
   その庵が、お堂に建てかえられ、巨松山檀特寺の額が掲げ
   られた』

  『天長八年(831年)慈覚大師によって、大きく改築され、
   併せて山王権現が祀られた』とある。

  今年を開基1300年とする起点は、役小角の修験道であった
  ことや、やがて天台宗の寺院になったことが分かる。
❼仁王門から本堂を望む   ❽小松寺のあらまし 解説板

  秘仏本尊・薬師如来を拝観するため、本堂に上がらして頂いた。
  秘仏御開帳の会期は3回あり、今回が最後の期間(11月16日~
  12月9日)となっている。タイミング良く拝観できた。(❾❿)
❾特別開帳拝観券    ❿小松寺 本堂

  本堂では、檀信徒の方がボランティアガイドとして解説された。
  秘仏のご本尊(⓫)は60年に1度の御開帳であり、40年しか
  経っていない。今年が開基1300年であり、特別に御開帳と
  なったとのことだ。

  中央の厨子入った薬師如来立像は、平安時代初期制作、カヤの
  一木造り。木彫像で千葉県内最古。脇侍に日光・月光を従え、
  十二神将も半数ずつ、両脇に陣取っていた。

  本尊は身体に比べ、お顔が小さい。また、日光・月光の両菩薩
  は本尊の大きさに比べ、極めて小さい。いずれもアンバランス。
  このアンバランスが平安初期の特徴か。

  ご本尊の前方左右に、脇仏が並んでいた。左脇仏(向かって
  右側)の一番外側手前には、銅造十一面観音坐像(模刻像)
  が鎮座(⓮)。実物像は、国の重要文化財に指定され、東京国立
  博物館に寄託されている。(⓬)
(絵葉書から)
⓫本尊・薬師如来立像 ⓬銅造十一面観音坐像
(秘仏)     (重文・東博に寄託)

  更に、左脇仏(⓮)に、不動明王立像と御前立薬師如来立像が
  並んでいた。厨子が閉扉されている時は、この御前立が厨子の
  前に立つ。

  右脇仏(⓭)には、本尊寄りに役行者半跏像、手前に毘沙門天立像
  が並ぶ。不動明王と毘沙門天が脇仏に配置される形は天台宗寺院
  に多い。これは、天台宗寺院であった名残か?
⓭本尊の右脇仏      ⓮本尊の左脇仏

小松寺は、真野寺と同じ、真言宗智山派の寺院。修験道に始まり
天台密教、そして真言密教へと変遷してきた。過去の歴史を否定
しないで、すべてを受け入れているように感じる。仏教らしく、
寛容の精神が、素晴らしい。

(次回、那古寺リポート)